細くスッキリ脚を目指すなら、歩き方を意識してみて

細くスッキリ脚を目指すなら、歩き方を意識してみて

細く、スッキリした脚を目指すのであれば、歩き方で随分と脚は変わるのですよ。

以前 ”こんな歩き方の癖が脚を太くしているかも?” でも書きました。
脚が太く感じる原因の一つにムクミがあります。その原因になっているのは、姿勢と歩き方が影響をしていることがあります。

ワタシがレッスンしているポスチュア(姿勢)ウォーキングレッスンに通われている生徒様(ポスチュアウォーカー)で、脚がスッキリ細くなり、ボトムスがサイズダウンする方も多いです。

では、歩き方いってみますよっ!

まず、基本の姿勢は、崩さないように。
基本の姿勢にプラス意識することがあります。
頭の位置を踵の延長線上にすることで、踵に重心がかかります。そうすると、お尻の筋肉が使いやすくなります。
逆に、顔が前にいってたり、前傾姿勢になっている方は、つま先に重心がかかっているので、お尻の筋肉は使われないのです。
お尻に上半身を乗せているイメージで、特に上半身の姿勢は引き上げた状態を意識します。

・お尻はきゅっと締めておきますよっ。
・目線は、いつもより遠くを見る感じで2~3センチほど目線を上げるといいですよ。目線が下がると姿勢が崩れるので気を付けてくださいね。
 ※黒目だけ上にしないようにね。
 ※顎を上げすぎないように気を付けてくださいね、鼻の穴が目立ってしまいますから。

・歩くときは、後ろに残す足に重心を残しておきます。
・前に出す足は、踵から着地し足裏全部を使う様にします。その時に、膝裏、足のつけ根(そけい部)が、伸びている状態を確認します。
・後足の踵を上げて、重心を前足に移動します。
 
女性の場合は、着地する踵の位置を体の真ん中(おへその延長線上)にします。
膝が外向かない様に、足を出すときには少し膝と膝が触れるイメージで歩くと、女性らしい歩き方になります。
決して、脚と脚の間から向こうの景色が見えない様にします。

この様に姿勢を整えて、足裏をしっかり使って歩くと、足の後ろ側の筋肉、お尻の筋肉がきちんと使われるため、脚が締まってきます。
また、膝裏、足のつけ根を伸ばして歩くためリンパの流れもよくなり、ムクミの軽減にもなってきますよ。

さぁ。姿勢と歩き方でスッキリ脚を目指してみませんか?

関連記事
”こんな歩き方の癖が脚を太くしているかも?”
”もう猫背とは言わせない!美しい姿勢の作り方”

毎日を素敵にデザインし、人生を美しく歩いていく
「美しく歩くブログ」
糀谷園子(こうじやそのこ)

The following two tabs change content below.
kojiya.sonoco

kojiya.sonoco

糀谷園子(こうじや そのこ)です。 ワタシは、ウォーキングスタイリストとして主に大阪を中心に、姿勢と歩き方をお伝えしています。 2015年2月より、ミスユニバースジャパンのナショナルディレクターであったイネス・リグロン監修のビューティースクールの講師も東京でしています。 詳しくはこちら
kojiya.sonoco
糀谷園子(こうじや そのこ)です。

ワタシは、ウォーキングスタイリストとして主に大阪を中心に、姿勢と歩き方をお伝えしています。
2015年2月より、ミスユニバースジャパンのナショナルディレクターであったイネス・リグロン監修のビューティースクールの講師も東京でしています。

詳しくはこちら
Follow :